全国観光特産検定

全国観光特産検定 観光特産士® 全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に一般社団法人日本観光文化協会が合格証を付与するものです。

2020年12月12日 日本経済新聞土曜版 NIKKEIプラス1 「出羽三山神社・金刀比羅宮… 自然に映える石段の寺社」

日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1の「何でもランキング」で「出羽三山神社・金刀比羅宮… 自然に映える石段の寺社」と題し、全国にある石段が映える寺社が紹介され、その選定専門家に(一社)日本観光文化協会会長の小塩稲之が選出されました。

小塩稲之のコメント

1位 出羽三山神社(山形県)600年前に再建されたと伝わる国宝の羽黒山五重塔が「静寂の林に溶け込むようにたたずむ姿は見る者を圧倒する」
2位 金刀比羅(ことひら)宮(香川県)「登り切ったところで感じる風は心地よい」
4位 立石寺(りっしゃくじ)(山形県)「860年に建立された東北を代表するお寺」
5位 鵜戸(うど)神宮(宮崎県)「海辺の崖にある洞窟の中に本殿が建てられている」
8位 釈迦院(熊本県)「国内外の17種類の御影石が使われていて、自然の中で黙々と石段に向き合える」
9位 愛宕(あたご)神社(東京都)急勾配の石段は「思わず足がすくむほど」

調査の方法

特徴的な石段がある全国の寺社から専門家の協力で28をリスト化。存在感、景観との調和の観点から10人の専門家が1~10位を選び、編集部で集計した。

今週の専門家

▽石橋睦美(フリーカメラマン)▽鵜飼秀徳(宗教ジャーナリスト、浄土宗僧侶)▽加藤誠治(昭文社旅行書編集部マネージャー)▽小塩稲之(日本観光文化協会会長)▽富本一幸(トラベルニュース編集長)▽Mr.tsubaking(旅行ライター、ドラマー)▽三ツ橋典子(いこーよ)▽宮澤やすみ(神仏研究家、音楽家)▽山内絵梨(日本旅行総研研究員)▽山田祐子(ツーリズムワイズラボ代表)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2020年12月12日付]

元記事はこちらです。