全国観光特産検定

全国観光特産検定 観光特産士® 全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に一般社団法人日本観光文化協会が合格証を付与するものです。

2021年5月22日 日本経済新聞土曜版 NIKKEIプラス1 「知っておきたい近代レンガ遺産」

日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1の「何でもランキング」で「知っておきたい近代レンガ遺産」と題し、NHK大河ドラマで、今放映されている渋沢栄一に関連した「日本各地の赤レンガランキング」の特集が組まれ、その選定専門家に(一社)日本観光文化協会会長の小塩稲之が選出されました。

小塩稲之のコメント

1位 富岡製糸場(群馬県)「世界と日本の技術交流を示す遺産の集合体」
10位 韮山反射炉(静岡県)「当時の最先端技術が集められた場所。製鉄・鉄鋼、造船、石炭といった産業の基盤づくりに貢献した」

調査の方法

全国各地のレンガに関係する産業遺産から、専門家の助言を基に、日本の近代化の歩みを学ぶためにも知っておきたい29カ所を候補として選定。「歴史的価値の高さ」「日本の技術発展への貢献度」「構造物としての美しさ」といった観点から専門家12人におすすめ順に挙げてもらい、結果を編集部で集計した。

今週の専門家

▽井門隆夫(高崎経済大学教授)▽市原猛志(熊本学園大学商学部講師)▽伊東孝(日本イコモス国内委員会「技術遺産小委員会」主査)▽黒沢永紀(都市探検家)▽小塩稲之(日本観光文化協会会長)▽竹内秀一(日本修学旅行協会理事長)▽津村泰範(長岡造形大学准教授)▽富本一幸(トラベルニュース編集長)▽二村悟(工学院大学総合研究所客員研究員)▽前畑洋平(産業遺産コーディネーター)▽山岡邦章(岸和田市教育委員会郷土文化課文化財担当長)▽山田祐子(ツーリズムワイズラボ代表)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2021年5月22日付]